薄毛の悩みに百会

薄毛といえば男性の悩みのように思われがちですが、
最近は薄毛に悩む女性が増えているようです。
若い女性にも薄毛で悩む方が増えていると聞きます。
 
実は私も薄毛で悩んでいました。
もともと髪が多い方でもなかったのですが、
ある時を境に抜け毛が増え始め、
洗髪するとごっそり。
洗髪後ドライヤーをかけるとごっそり髪が抜ける!
そんな状態が数年続き、髪がどんどん減っていくのがわかりました。

毎朝目が覚めると「今日も髪が減るんだ」と
暗い気持ちになる日々でした。

その頃、髪についてたくさん調べました。
藁にもすがるような想いで
西洋医学から東洋医学まで様々な病院の戸を叩きました。

髪は女性にとってとても大切なものなのに、
抜け毛に親身になってくれる病院は非常に少なく、
本当に辛い日々でした。

辛い日々にようやく希望を灯して下さったのは
保険がきかないのを覚悟して数回行ってみた東洋医学の先生でした。

そこで教えて頂いたのが「百会」(ひゃくえ)というツボの刺激。
爪楊枝を10本ほど輪ゴムで束ね、
時間があるときに百会をトントンと叩いて刺激する。
少しくらい血が出てもかまわないとのことでした。

百会の位置は下の図に示しました。
両耳を結んだ線と鼻先からまっすぐ頭頂に上げた線が交わるところ。
その少しだけ後ろが百会です。
位置はあまり厳密で正確にしなくてもかまいません。

百会

この方法は抗がん剤で髪を失った患者さんにもお勧めで、
育毛剤なんかよりずっと効く、
とても喜ばれる治療だそうです。

抜け毛には理由があります。
私の抜け毛は複雑でした。
ヘアカラーのアレルギー。
甲状腺の病気で髪のサイクルが狂っていたことも原因でした。

抜け毛は理由を探し解決していかなければなりません。
しかし、理由がはっきりしない時でも
百会の刺激を続けると、
少なくとも一つ手段を講じている安心感で
気持ちもずっと楽になると思います。

百会の育毛効果は女性だけのものではありません。
男性の方も試してみられてはいかがでしょう。
 

百会の刺激に爪楊枝
百会の刺激に爪楊枝

 

One Reply to “薄毛の悩みに百会”

コメントは受け付けていません。